ハングル文字

韓国語【8種類の発音変化】の規則を覚えよう!簡単に解説!

韓国語には8種類の発音変化があります。

この記事では8種類の発音変化についてそれぞれ説明しています(^.^)

8種類の発音変化をまとめた表も作ってあるので、勉強の際にそちらもぜひ活用して下さいね。

【韓国語】8種類の発音変化一覧

※例中の韓国語の後ろに書いてある<>内は読み方、その後ろの日本語は意味です

(1)濁音化

濁音化とは:「ㄱㄷㅂㅈ」の発音が濁ること(ㄱはk⇒g、ㄷはt⇒d、ㅂはp⇒b、ㅈはch⇒j)

起こる条件:「ㄱㄷㅂㅈ」が語中にあるとき※パッチムとして発音する場合を除く

例:부부<プブ>夫婦⇒一文字目の「부」は清音「p」ですが、二文字目(語中にある)「부」は濁音「b」となります

(2)連音化(リエゾン)

連音化(リエゾン)とは:パッチムが次の母音とつなげて発音されること※2重パッチムの場合は、左のパッチムは残り右のパッチムがつながる

起こる条件:パッチムの次に「ㅇ(イウン)」がくる

例:음악<ウマk>音楽⇒発音は<으막>となります。「ㅁ(ミウm)」が次の母音「아」とつなげて発音されます

※2重パッチムの例:없어<オpソ>無い⇒発音表記は<업서>となります。左のパッチム「ㅂ(ピウp)」は残り「ㅅ(シオッ)」が次の母音「어」とつなげて発音されます。※右のパッチムが「ㄱㄷㅂㅈ」ならば濁音化のルール適用

(3)激音化

激音化とは:平音「ㄱㄷㅂㅈ」が激音「ㅋㅌㅍㅊ」に変わり、「ㅎ(ヒウッ)」の位置に移ること

起こる条件:パッチム「ㄱㄷㅂㅈ」のあとに「ㅎ」がくる

例:입학<イパk>入学⇒発音表記は<이팍>となります。

(4)弱音化

弱音化とは:「ㅎ(ヒウッ)」の音が消えること

起こる条件:①「ㅎ」の前にパッチム「ㄴㄹㅁㅇ」がくるとき②パッチム「ㅎ」のあとに母音がくるとき

例:①전화<チョナ>電話⇒発音表記は<저놔>となります。「ㅎ」の前にパッチム「ㄴ」があるので「ㅎ」の音が消えて「전와」となり、そこから更に連音化により<저놔>となります。

②좋아<チョア>良い⇒発音表記は<조아>となります。パッチム「ㅎ」のあとに母音「아」があるので「ㅎ」が消えます。



(5)濃音化

濃音化とは:平音「ㄱㄷㅂㅈㅅ」が濃音「ㄲㄸㅃㅉㅆ」に変わること

起こる条件:パッチムの発音が「ㄱㄷㅂ」のパッチムのあとに、平音「ㄱㄷㅂㅈㅅ」がくるとき

パッチムの発音が「ㄱㄷㅂ」であったものは、(ッ)で発音されるグループ(口音)です。忘れた人は確認してきましょう>>>パッチムの発音7種類を覚えよう

例:학교<ハkッキョ>学校⇒発音表記は<학꾜>となります。パッチムの発音が「ㄱ」であるパッチム「ㄱ」のあとに、平音「ㄱ」(교の子音)がきているため、その平音「ㄱ」が濃音「ㄲ」となります。

입국<イpックk>入国⇒発音表記は<입꾹>となります。パッチムの発音が「ㅂ」であるパッチム「ㅂ」のあとに、平音「ㄱ」(국の子音)がきているため、その平音「ㄱ」が濃音「ㄲ」となります。入国の発音は本当に難しいですね・・・

(6)鼻音化

鼻音化とは:パッチムの発音が「ㄱㄷㅂ」のパッチムが、それぞれ鼻音のパッチム「ㅇㄴㅁ」になること

起こる条件:(1)パッチムの発音が「ㄱㄷㅂ」のパッチムのあとに、平音「ㄴㅁ」がくるとき

(2)パッチムの発音が「ㄱㄷㅂ」のパッチムのあとに、平音「ㄹ」がくるとき→更に「ㄹ」は「ㄴ」に変化

<要は>「+ㄴ/ㅁ」or「+ㄹ」の場合・・・↓

①ㄱ(属するパッチム、ㄱ,ㅍ,ㄿ,ㅄ)⇒ㅇ

②ㄷ(属するパッチム、ㄷ,ㅌ,ㅅ,ㅆ,ㅈ,ㅊ,ㅎ)⇒ㄴ

③ㅂ(属するパッチム、ㅂ,ㅋ,ㄲ,ㄳ,ㄺ)⇒ㅁ

例:(1)거짓말<コジンマl>嘘⇒発音表記は<거진말>となります。パッチムの発音が「ㄷ」のパッチム「」のあとに、「ㅁ」がきているので、パッチム「ㅅ」が「」になります。(上の②)

(1)입니다<イmニダ>です⇒発音表記は<임니다>となります。パッチムの発音が「ㅂ」のパッチム「ㅂ」のあとに、「」がきているので、パッチム「ㅂ」が「」になります。(上の③)

(2)입력<イmニョk>入力⇒発音表記は<임녁>となります。パッチムの発音が「ㅂ」のパッチム「ㅂ」のあとに、「」がきているので、パッチム「ㅂ」が「」になります。(上の③)更に、「력」の「ㄹ」が「ㄴ」に変化しています。

<参考>鼻音のパッチム「ㅁ/ㅇ」の後に続く「ㄹ」も「ㄴ」に変化します。

例:심리<シm二>心理⇒発音表記は<심니>となります。「리」の「ㄹ」が「ㄴ」に変化しています。ㅁはそのままです。

⇒ㅇ、ㄷ⇒ㄴ、ㅂ⇒ㅁどれがどれに変化するのか覚えるポイントですが、意識して欲しいのが舌の位置・口の状態です。ㄱとㅇは共にのどをふさぐ位置に舌があります。ㄷとㄴは共にナを発音するときの位置に舌があります。ㅂとㅁは共に口を閉じた状態です。それぞれ舌の位置・口の状態が同じものに変化します。

 

(7)流音化

流音化とは:「ㄴ(ニウン)」が「ㄹ(リウl)」になること

起こる条件:①パッチム「ㄴ」のあとに「ㄹ」が続くとき②パッチム「ㄹ」のあとに「ㄴ」が続くとき

<要は>ㄴ+ㄹ/ㄹ+ㄴ⇒ㄹ+ㄹ

例:①연락<ヨlラk>連絡⇒発音表記は<열락>になります。②일년<イlリョン>1年⇒発音表記は<일련>になります。

(8)口蓋音化

口蓋音化とは:①「ㄷ+이→지」または②「ㅌ+이→치」になること

起こる条件:①パッチム「ㄷ」の後に「이」がくるとき②パッチム「ㅌ」の後に「이」がくるとき

例:①굳이<クジ>あえて⇒発音表記は<구지>になります。②붙이다<プチダ>貼る⇒発音表記は<부치다>になります。



(参考)合成語や複合語のみでおこるㄴ添加

ㄴ添加とは:「야유요이」がㄴ添加されて「냐뉴뇨니」に変わること

起こる条件:合成語や複合語の意味の境の部分で、パッチムのあとに「야유요이」がくるとき

例:꽃잎<ッコンニp>花びら⇒発音表記は<꼰닙>になります。※鼻音化もセットで起こっています・・・パッチムの発音が「ㄷ」のパッチム「ㅊ」のあとに平音「ㄴ」がくるため

8種類の発音変化のまとめ表

発音変化名 意味 起こる時
①濁音化 「ㄱㄷㅂㅈ」の発音が濁ること 「ㄱㄷㅂㅈ」が語中にある
②連音化 パッチムが次の母音とつなげて発音されること パッチムの次に「ㅇ(イウン)」がくる
③激音化 平音「ㄱㄷㅂㅈ」が激音「ㅋㅌㅍㅊ」に変わること 平音のパッチム「ㄱㄷㅂㅈ」のあとに「ㅎ(ヒウッ)」がくる
④弱音化 「ㅎ(ヒウッ)」の音が消えること ①「ㅎ」の前にパッチム「ㄴㄹㅁㅇ」がくるとき②パッチム「ㅎ」のあとに母音がくるとき
⑤濃音化 平音「ㄱㄷㅂㅈㅅ」が濃音「ㄲㄸㅃㅉㅆ」に変わること パッチムの発音が「ㄱㄷㅂ」のパッチムのあとに、平音「ㄱㄷㅂㅈㅅ」がくるとき
⑥鼻音化 パッチムの発音が「ㄱㄷㅂ」のパッチムが、それぞれ鼻音のパッチム「ㅇㄴㅁ」になること パッチムの発音が「ㄱㄷㅂ」のパッチムのあとに、平音「ㄴㅁ」がくるとき
⑦流音化 「ㄴ(ニウン)」が「ㄹ(リウl)」になること ①パッチム「ㄴ」のあとに「ㄹ」が続くとき②パッチム「ㄹ」のあとに「ㄴ」が続くとき
⑧口蓋音化 ①「ㄷ+이→지」または②「ㅌ+이→치」になること ①パッチム「ㄷ」の後に「이」がくるとき②パッチム「ㅌ」の後に「이」がくるとき

 

8種類の発音変化【覚え方のコツ】

覚えにくいものを徹底的にチェックしよう

色々な韓国語を読むようになったら気付くのですが、発音変化は覚えやすいものと覚えにくいものがあります。

覚えやすいものは濁音化、連音化、激音化、弱音化、流音化、口蓋音化で、覚えにくいものが濃音化と鼻音化ですね。

覚えやすいものは理解してある程度覚えておけばほっといてもできるようになるので、覚えにくい濃音化と鼻音化をここで徹底的に覚えておくようにしましょう。

紙に書いて部屋に貼っておくレベルでもいいと思います。

徹底的に覚えるべき濃音化と鼻音化ですが、それぞれのポイントは、

  • 濃音化・・・口音のパッチム(ッ)のあと…平音⇒濃音に変わる
  • 鼻音化・・・+ㄴㅁ…口音の発音をするパッチム⇒同じ舌の位置・口の状態の鼻音のパッチム「ㅇㄴㅁ」

※子音には平音10個と、濃音5個、激音4個がありました。忘れた方は戻りましょう>>>ハングルの子音19個を覚えよう

※口音のパッチムの発音は「ㄱㄷㅂ」の3つ。鼻音のパッチムの発音は「ㅇㄴㅁ」の3つです。

韓国語【パッチムの発音】7種類を覚えよう!分かりやすく解説この記事では、パッチムの発音(7種類)を説明しています。 パッチムの意味 そもそもパッチムとは、「子音+母音+子音」の最後の「子音」...

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村