ハングル文字

ハングルの母音21個をまとめて簡単に覚えよう!表と覚え方のコツ付

この記事では【ハングルの母音21個】を説明しています。

ハングルの母音には基本母音が10個と、基本母音を組み合わせて作られる合成母音が11個の計21個があります。

できるだけ分かりやすく覚えられるようにまとめていますが、この記事を一度見ただけ・読んだだけでは当然覚えられないので、何度も見返しながら「ハングルの母音」の知識をしっかり定着させて行きましょう。

覚えるべき事柄は

(1)発音(母音を見てすぐ読めるようになる)

(2)書き方(自分で書けるようになる)※とりあえず基本母音のみ

この2点です。

特に発音に関しては、母音内で似ている発音のものがいくつかあるので、それぞれきっちり区別して覚えるように注意して下さい!

【基本母音10個】【合成母音11個】を紹介した後には、勉強の際参考になるものとして【母音まとめ表】と【覚え方のコツ】についても書いています。必要に応じて活用して下さい。

それではまずは、基本母音10個からチェックしていきましょう~^^



ハングルの母音【基本母音10個一覧】

①『』の発音と書き方を覚えよう

発音:日本語の「ア」と同じ

書き方:  ①〇を書く②縦に棒を引く③縦棒の真ん中から右に短い線を引く

②『』の発音と書き方を覚えよう

発音:日本語の「ヤ」と同じ

書き方:①〇を書く②縦に棒を引く③縦棒から横に2本の短い線を引く

③『』の発音と書き方を覚えよう

発音:日本語の「ア」を発音するときに開ける口の形で「オ」と発音

書き方:①〇を書く②横に線を引く③縦棒を引く

④『』の発音と書き方を覚えよう

発音:日本語の「ア」を発音するときに開ける口の形で「ヨ」と発音

書き方:①〇を書く②横に線を2本引く③縦棒を引く

⑤『』の発音と書き方を覚えよう

発音:口をすぼめて「オ」と発音 ※日本語の「オ」よりもさらに口をすぼめて発音

書き方:①〇を書く②下に線を引く③横に横棒を引く

⑥『』の発音と書き方を覚えよう

発音:口をすぼめて「ヨ」と発音 ※日本語の「ヨ」よりもさらに口をすぼめて発音

書き方:①〇を書く②縦に線を2本引く③横棒を引く

⑦『』の発音と書き方を覚えよう

発音:口をすぼめて「ウ」と発音 ※日本語の「ウ」よりもさらに口をすぼめて発音

書き方:①〇を書く②横棒を引く③縦に線を引く

⑧『』の発音と書き方を覚えよう

発音:口をすぼめて「ユ」と発音 ※日本語の「ユ」よりもさらに口をすぼめて発音

書き方:①〇を書く②横棒を引く③縦に線を2本引く

⑨『』の発音と書き方を覚えよう

発音:日本語の「イ」と同じ

 

書き方:①〇を書く②縦棒を引く

⑩『』の発音と書き方を覚えよう

発音:日本語の「イ」を発音するときに開ける口の形で「ウ」と発音

書き方:①〇を書く②横棒を引く

 





ハングルの母音【合成母音11個一覧】

合成母音は上で紹介した⑩個の基本母音を組み合わせて作られる母音です。

合成母音11個は音別に5つのグループに分類し、発音・できた由来を紹介します。できた由来は印象付けて覚える際の参考にしてもらうだけで、暗記する必要はありません^^

 

/

発音:日本語の「エ」と同じ※2つに差をつけるとすれば「애」を少し口を大きく開けて発音

できた由来:それぞれ基本母音の「아(ア)」/「 어(オ)」 に基本母音「 이(イ)」を組み合わせてできた

 

②얘/예

発音:日本語の「イェ」と同じ

できた由来:それぞれ基本母音の「야(ヤ)」/「여(ヨ)」に基本母音「 이(イ)」を組み合わせてできた

 

③와/왜/외

発音:左から順に、口をすぼめて「ワ」/口をすぼめて「ウェ」/口をすぼめて「ウェ」※オイではありません

できた由来:基本母音の「오(オ)」にそれぞれ「아(ア)」/「애(エ)」/ 「이(イ)」を組み合わせてできた

 

④워/웨/위

発音:左から順に、口をすぼめて「ウォ」/口をすぼめて「ウェ」/口をすぼめて「ウィ」

できた由来:基本母音の「우(ウ)」にそれぞれ「어(オ)」/「에(エ)」/ 「이(イ)」を組み合わせてできた

 

⑤의

発音:①語頭に来るとき日本語の「イ」を発音するときに開ける口の形で「ウィ」②語中に来るとき日本語の「イ」③助詞(~の)として使われるとき日本語の「エ」

できた由来:基本母音の「으(ウ)」に「이(イ)」を組み合わせてできた

※「의」は存在する位置や役割で発音が変わり、全部で3種類あります





<参考>ハングルの母音【基本母音・合成母音21個まとめ表】

これまでに紹介した母音21個を発音と共に表にまとめました!勉強に使ってください^^

※ピンク色の母音は基本母音です。覚えましょう。

母音 発音 発音のポイント
아  日本語の「ア」と同じ
야  日本語の「ヤ」と同じ
日本語の「ア」を発音するときに開ける口の形で「オ」と発音
여  日本語の「ア」を発音するときに開ける口の形で「ヨ」と発音
口をすぼめて「オ」と発音 ※日本語の「オ」よりもさらに口をすぼめて発音
요  口をすぼめて「ヨ」と発音 ※日本語の「ヨ」よりもさらに口をすぼめて発音
우  口をすぼめて「ウ」と発音 ※日本語の「ウ」よりもさらに口をすぼめて発音
유  口をすぼめて「ユ」と発音 ※日本語の「ユ」よりもさらに口をすぼめて発音
日本語の「イ」と同じ
日本語の「イ」を発音するときに開ける口の形で「ウ」と発音
日本語の「エ」と同じ※差をつけるとすればし口を大きく開けて発音
日本語の「エ」と同じ
イェ 日本語の「イェ」と同じ
イェ 日本語の「イェ」と同じ
口をすぼめて「ワ」
ウェ 口をすぼめて「ウェ」
ウェ 口をすぼめて「ウェ」※オイではありません
ウォ 口をすぼめて「ウォ」
ウェ 口をすぼめて「ウェ」
ウィ 口をすぼめて「ウィ」
ウィ/イ/エ ①語頭に来るとき日本語の「イ」を発音するときに開ける口の形で「ウィ」②語中に来るとき日本語の「イ」③助詞(~の)として使われるとき日本語の「エ」

 





<参考>ハングルの母音【覚え方のコツ】

日本語の「あいうえお、やゆよ、いぇ」に当てはめて覚える

日本語の音をハングルの母音で表すと何になるかということをまとめてみて、そこを切り口として覚えるのもありです。

このページでは、基本母音は日本語の音別にはまとめておらず、ハングルの形が近いもの同士を意識してまとめています。(※合成母音は日本語の音別にまとめています)

始めてみたハングルを理解するためには形別でまとめたほうが分かりやすいと思っているので、そのようにしています。

ですが、理解が終わって覚える段階になったら「あいうえお、やゆよ、いぇ」の日本語の音別に母音をまとめて、覚えるようにするのがオススメです。

自分で紙やノートに表を作って、実践してみましょう^^

発音は「う、お」の3つに注意して覚える

細かい発音の違いを覚えるコツですが、「う、お」の2つに注意すればいいです。

【う】には、우・으の2種類があり、

【お】には、어・오の2種類があります。

ハングル母音の中で注意すべき発音は、特にこの4つです。

これらをはっきり区別して発音できるようになると、後々の勉強でとてもプラスになります^^

なので始めの段階から、この4つの母音の発音は特に意識して区別して覚えるようにしましょう。

ポイントは口の形です。

「う」であれば、2種類のうちどちらの口をすぼめて、どちらをのばすのか

「お」であれば、2種類のうちどちらが口を開いて、どちらをすぼめるのか

この点にしっかり気を付けて発音練習をしましょう。

紙に何度も書いて覚える

最後に紹介する方法はとてもありきたりではありますが、効果抜群の方法で「紙に何度も書いて覚える」です。

ただ見て、口に出して読んでだけではなかなか覚えられないのですが、実際書いてみるとわりとすんなり覚えることができます。

特に基本母音10個は始めのうちから書けるようになった方がいいので、何度も何度も紙に書いて覚えるようにしてみましょう^^

丁寧に書く必要は無く、殴り書きをすればオッケーです。

ハングルの子音19個をまとめて簡単に覚えよう!表と覚え方のコツ付この記事では『ハングルの子音19個』をまとめて簡単に覚えて行きましょう。 ハングルの子音は音の出し方によって3種類に分けることがで...
ハングルの<母音+子音>読み方まとめ【ハングル表保存版】この記事では、ハングルの<母音+子音>読み方をまとめています。 基本母音+基本子音 基本母音+激音 基本母音+...

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村