コラム

【韓国語】韓国人にとっての「우리」に込められた意味は?日本語では『私たちの』と訳せばいい?

みなさんこんにちは。韓国ナビゲーターのひよこです。

さっそくですがあなたの周りにいる韓国人が、

우리 친구~」ウリチング~や

우리 동생~」ウリトンセン~や

우리 집」ウリチプ

などと言っているのを耳にしたことはありますか?

もしくはこういった表現をドラマやバラエティ番組などで使っているのを見たことはありますか?

「우리」は日本語で訳すと私たちのという意味ですが話をする人が一人の場合、私たちの~というのには少し違和感があります。話をするのが一人であれば、私の~と言えばいいんじゃないのか?と思うはずです。

この記事では、韓国人が使う「우리」をどういう意味でとらえればいいのかについて考えていきます!

韓国語の「우리」の使い方に疑問に思っている人に向けた内容になっています^^

それではみていきましょう。

まず>>>韓国語「우리」の意味は『私たちの』で間違いはない

「우리」ウリの日本語の意味は二人称『私たちの』であることに間違いはありません。

一人称『私の』は「나의」ナエ、「내」ネです。

なので、日本語で直訳した場合には『私たちの』となります。

ですが日本人の私たちからしてみると、『私たちの~』というにはなんだか違和感を感じてしまう単語との組み合わせもあります。

韓国語「우리」の使い方に違和感を感じるときの例

例えば、

・「우리 친구」・・・友達の前にいちいち『私たちの』とつける必要があるのだろうか

・「우리 동생」・・・『私たちの』というけど、この場では一人称『私の』としか使えないはずなのに

・「우리 집」・・・『私たちの』というけど、これは私の家ではないし...

・「우리 나라」・・・『私たちの』国?日本ではそういう言い方しないけど・・・

↑のように状況によっては日本語で『私たちの』~と訳すと、違和感を感じるときって多いと思うんです。

なんでここで『私たちの』を使うのか?というところで韓国人はたくさん「우리」を使ってるんですよね。

韓国人がたくさん「우리」を使う理由はいったい何なのでしょうか

韓国人が「우리」を積極的に使う理由:ウリ文化があるから

韓国人が「우리」をたくさん使うのは、ウリ文化があるからです。

ここでいうウリ文化とは、親しい人や自分と特別な関係にある人、自分にとって大切なものに「우리」を付けて話すというものです。

韓国人は日本人よりも仲間意識が強く、(例えば日本の学校に留学している韓国人はみんなが参加しないといけないコミュニティを作ったり、友達の友達を他の人より優先的に優遇したり、人脈を通して仕事を紹介し合うなど)自分にとっての近い存在を大切にします

親しい人や自分と特別な関係にある人、自分にとって大切なものに「우리」を付けて話すのも、韓国人の考え方の根本にある仲間意識からきているのだと思います。みんなでそれを共有し大切にしているという感覚ですね。

お母さんが自分の子供のことを

「우리아들」ウリアドゥルや「우리딸」ウリッタルや「우리아이」ウリアイ

などと表現するのも、自分の子供を夫や親などみんなで一緒になって大切にしているので、「우리」つまり『私たちの』という二人称の言葉を使うのでしょう。

「우리」は結局日本語でどう訳せばいいのか!

では結局「우리」がついている言葉を日本語で訳すとき、どう訳せばいいのでしょうか。

これは、シチュエーションも含めて日本語だとどう表現するかを考えて、日本語に合わせて訳せばいいです。

・「우리 나라」→日本語では私たちの国とは言わずに日本というから、『韓国』と訳す

・「우리 집」→日本語でも『私たちの家』と言うだろうシチュエーションならそのまま『私たちの家』と訳し、一人称を使うべきシチュエーションなら『私の家』と訳す

・「우리아이」→日本語でも『私たちの子供』と言うだろうシチュエーションならそのまま『私たちの子供』と訳し、一人称を使うべきシチュエーションなら『わが子』と訳す

といった感じで使い分けるといいです。

まとめ

「우리」ウリには韓国人が大切にしている仲間意識の感情が込められていた

「우리」を訳す時には日本語だとどう表現するかを考えてそれに合わせればいい

といった内容でした!

何かしら参考になった部分はあったでしょうか?

「우리」は文化の特徴が言葉のなかに反映される典型的な例だと思います。

日本と韓国の文化の違いで言葉の使い方も変わるとは興味深いですね^^

それでは!

>>韓国語に興味があるという方はこちらの記事もオススメです

【韓国語】韓国人がよく使うハングルの省略表現⑳個まとめ<2019>こんにちは。韓国ナビゲーターのひよこです。 さっそくですが、 ㄱㅅやㅅㄱ これは韓国人が使う省略表現なのですが、何を意...