韓国のこと

韓国は日本よりも学歴社会!学歴が韓国人の人生に与える影響とは

本日は韓国の学歴事情についてです。

日本では学歴差別というものが存在して、就職活動においては学歴によって志望者のイメージが上がったり下がったりするものです。

そればかりか、学歴別に採用人数を設けている企業も一部にはあるみたいですね。

そして就職活動だけにとどまらず就職した後も、学歴によって出世コースと非出世コースに分かれてしまうパターンもあるでしょう。

日本でもまだまだ根強い学歴社会ですが、お隣の国韓国ではどうでしょうか。

韓国はかなりの学歴社会という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。

そのせいでいい大学に入ろうと学生が死にもの狂いで受験勉強をしているとか耳にしたことがありますか?

韓国ははたしてどれほどの学歴社会なのか…

みていきましょう。

韓国は学歴社会なのか?⇒YES

韓国は日本よりも学歴社会の国です。

その人が一流の人物なのかという判断基準として学歴を重きに置いている人が本当に多いです。

一流な人物かどうかは学歴がもつイメージに大きく左右されるようです。

出身大学が偏差値の高い大学であればあるほどイメージが上がります。

なので、その良いイメージを手に入れるため幼いころから必死に子供に勉強をさせる親が多いですし、子供自身も物心ついてからは一流の学歴を手にするためにみずから猛勉強する人も、多いです。

高学歴であれば良いイメージがあるので、就職試験でも大きなアドバンテージが得られます。

そして特にソウルに暮らしている人の間で学歴を重視する傾向が強いですね。

(韓国の偏差値の高い大学のほとんどがソウルにあるので、そもそもソウルに行く気がなく、地方にある地元で一生暮らし続けると決めている人の場合は、はなから一流コースを目指さず、地方にある大学に通いのんびり暮らしている人も多いです。)

韓国大学ランキングTOP10!中央日報が発表した総合評価によるランキング付け今回は韓国大学ランキングTOP10をご紹介します。 このランキングは韓国の有名な新聞社である「中央日報」が発表したものです。 ...

このような学歴が実生活に与える影響三つを次の項目からお話ししていきます。

韓国における学歴の影響①高学歴でないと一流企業に就職できない

一流企業は一流な人物だけを採用しますし、その一流な人物とは韓国では高学歴な人物です。

高学歴の人だけが一流企業に就職できるので、一流企業で働きたい学生は必死に勉強しています。

いい大学に入ることができなければ一流企業に就職できないので、一流企業が目標ならばもう受験勉強に必死ですよね…

韓国における学歴の影響②高学歴の人こそ=一流という価値観

その人が優れているか優れていないかは学歴だけで決まることではないはずなのですが、韓国では学歴だけ聞いて判断しようとする人が多いです。

高学歴の人こそ=一流という価値観が根強いです。

いい大学を出ていて一流である人はもちろん多いでしょうが、学歴が無くても一流と呼ばれる人が日本にはたくさんいますよね。

韓国の場合、学歴がないなら一流としては認めないぞ、というスタンスです。

韓国における学歴の影響③結婚相手の条件としても求められる

高学歴の人こそ=一流という価値観が根強いんですが、

一流でない人との結婚は嫌という人や、自分が一流ならば相手も一流でないとダメという人や、自分がお金を持っている人ならば相手は一流でないとダメという人が多いです。

本人だけでなく親が、子供に一流と結婚してほしいという場合も多いです。

恐るべし学歴至上主義ですね。

日本では、女の人が結婚相手に求める条件に高学歴・高収入・高身長という三拍子がよく言われてましたが、最近ではあまり聞かないです。

まとめ:高学歴のおかげで得られるメリットが多い

韓国では、一流として生きていこうと思うのならば高学歴を身につけなければいけないみたいです。

一流企業は高学歴でないと入れないし、高学歴ならば周りから一流として一目置かれるし、結婚する際にも高学歴がアドバンテージになるといった具合にメリットは多いです。

そして一流企業に就職しない限り高収入をなかなか得られないみたいなので、学生は将来の生活のためのお金を考えて必死かもしれません。

韓国で一流として生きていきたいなら、学生時代に勉強を死ぬほど頑張らないといけないので大変ですね!

それでは!