文法

<重要>韓国語文型・可能不可能【ㄹ(을)수 있다/없다】【ㄹ(을) 줄 알다/모르다】

みなさんこんにちは!韓国語の文法を独学で勉強したひよこです!

この記事では下記の文型を勉強します。

接続:으パターン>>>用言の文型への接続パターン4つを覚えよう!

ㄹ(을)수 있다/없다

(~することができる/できない)

「ㄹ(을)수 있다/없다(~することができる/できない)」は例えば、

もう一人で留守番することができます

このマンションではペットを飼うことができません

ここではたばこを吸うことができます

このように、可能・不可能を表現する時に使います。

よく使う文型なのでサクッと覚えておきましょう!

韓国語文型【ㄹ(을)수 있다/없다】の使い方

動詞現在形の語幹+ㄹ(을)수 있다/없다

動詞現在形の語幹+ㄹ(을)수 있다/없다

(~することができる/できない)

接続の解説

  • <パッチムなし>ㄹ수 있다/없다
  • <パッチムがㄹ>ㄹを脱落させて、ㄹ수 있다/없다を付ける
  • <パッチムあり>을수 있다/없다

基本的な理解

  • 動詞に接続します。
  • 過去形、未来形には接続しません。
  • 疑問文で使えます。

語尾の活用

  • <ヘヨ体>ㄹ(을)수 있어요/없어요(~することができます/できません)
  • <パンマル>ㄹ(을)수 있어/없어(~することができるよ/できないよ)

例文で理解を深めよう

그 정도면 쉽게 할 수 있어요.

その程度なら簡単にすることができます。

 

좀더 노력할 수 있어요.

もう少し努力できます。

 

내일 빨리 갈 수 있어?

明日早く行ける?

 

이 집이면 살 수 있어.

この家なら買うことができるよ。

 

돌아올때까지 여기 있을 수 있어요.

戻ってくるまでここに居れます。

 

 좀 일이 있어서 갈 수 없어.

ちょっと用事があるから行けないよ。

 

그것 싫어하니까 먹을 수 없어.

それ嫌いだから食べることができないよ。

 

방이 어두워서 책을 읽을 수 없어요.

部屋が暗くて本を読むことができません。

ㄹ(을)수 있다(~ということもある)という意味もあります

ㄹ(을)수 있다を使って、『~ということもある』という可能性を表現することもあります。

あまり使いませんが、頭の片隅に入れておくといいです。

어떤 사람이라도 실수할 수 있지. (どんな人でもミスすることはあるでしょ。)

그런것도 있을 수 있죠.(そんなこともあるでしょう。)

可能と不可能の表現2【ㄹ(을) 줄 알다/모르다】

可能と不可能の表現には、『ㄹ(을)수 있다/없다』以外にも、『ㄹ(을) 줄 알다/모르다』という表現もあります。

『ㄹ(을) 줄 알다/모르다』は、ある行為のやりかたを知っているからできる、ある行為のやりかたを知らないからできない、という風にプロセスが関係する際に使われます。

こちらも、よく使うのでサクッと覚えておきましょう。

動詞現在形の語幹+ㄹ(을) 줄 알다/모르다

動詞現在形の語幹+ㄹ(을) 줄 알다/모르다

接続の解説

  • <パッチムなし>ㄹ줄 알다/모르다
  • <パッチムがㄹ>ㄹを脱落させて、ㄹ줄 알다/모르다を付ける
  • <パッチムあり>을 줄 알다/모르다

基本的な理解

  • 動詞の現在形に接続します。
  • 過去形、未来形には接続しません。
  • 疑問文で使えます。

語尾の活用

  • <ヘヨ体>ㄹ줄 알아요/몰라요(~することができます/できません)
  • <パンマル>ㄹ줄 알아/몰라(~することができるよ/できないよ)

例文で理解を深めよう

운전할 줄 알아요.

運転することができます。

 

거기까지 혼자 갈 줄 알아.

そこまで一人で行けるよ。

 

요리는 전혀 할 줄 몰라요.

料理は全然できません。

 

테니스를 칠 줄 몰라.

テニスはできないよ。