文法

<重要>韓国語文型【척하다】(~ふりをする)を覚えよう!

この記事では下記の文型を勉強します。

接続:連体形接続パターン>>>用言の文型への接続パターン4つを覚えよう!

척하다(~ふりをする)

「척하다(~ふりをする)」は例えば下記のとき使われます。

<動詞>行ってないのに行ったふりをしました

<形容詞>気分が良いふりをしました

<存在詞>お金が無いのにあるふりをしたの?

<指定詞>医者だけど医者じゃないふりをしたよ

日常生活の中でちょこちょこ出てくる文型なので覚えておきましょう!

韓国語文型【척하다】の使い方

 

連体形+척하다

連体形+척하다(~ふりをする)

 

接続の解説

現在 過去 未来
動詞 ㄴ(은)
形容詞 ㄴ(은) ×
存在詞 ×
指定詞 ×

動詞のパッチムが『ㄹ』の場合は下記となります。

ㄹを除去して ㄹを除去して

 

基本的な理解

  • 用言(動詞、形容詞、存在詞、指定詞)に接続します。
  • 未来連体形とは接続しません。
  • 疑問文にもできます。

 

語尾の活用

  • <ヘヨ体>척해요(過去形は、척했어요)
  • <パンマル>척해(過去形は、척했어)

 

例文で理解を深めよう

아는데 모르는 척하지 마.

知っているのに知らないふりしないでよ。

 

모르지만 아는 척했어.

知らないけど知ってるふりしたよ。

 

먹었지만 안 먹은 척했어요.

食べたけど食べてないふりをしました。

 

집에 없는 척하세요.

家に居ないふりをして下さい。

 

성격이 나쁜 척해줘.

性格が悪いふりしてね。