文法

<重要>韓国語文型【아/어 보다】(〜してみる)を覚えよう!+【아/어 보이다】

みなさんこんにちは!韓国語の文法を独学で勉強したひよこです!

この記事では下記の文型を勉強します。

接続:아/어パターン>>>用言の文型への接続パターン4つを覚えよう!

아/어 보다(〜してみる)

「아/어 보다(〜してみる)」は例えば、

それを試してみて下さい。

その映画、一回見てみるといいよ。

美味しいから食べてみて

このように、『何かをしてみる』という表現をするときに使います。

日常生活の中で、意識してみると『~してみる』という言い回しを使っているシチュエーションは多いです。

よく使う文型なのでサクッと覚えておきましょう!

韓国語文型【아/어 보다】の使い方

動詞の語幹+아/어 보다

動詞の語幹

아/어 보다(〜してみる)

接続の解説

  • <語幹が陽性母音>아 보다
  • <語幹が陰性母音>어 보다
  • <하다>해 보다

基本的な理解

  • 動詞に接続します。
  • 過去形、未来形には接続しません。

語尾の活用

  • <ヘヨ体>아/어 봐요
  • <パンマル>아/어 봐

例文で理解を深めよう

빨리 열어 봐요.

早く開けてみましょう。

 

모르는게 있으면 저 사람에게 물어 봐주세요.

分からないことがあればあの人に聞いてみてください。

 

한번 해 봐.

一回してみて。

 

이거 먹어 봐.

これ食べてみて。

 

이 옷 입어 봐.

この服着てみて。

似た表現【아/어 보이다】も覚えよう

아/어 보다(〜してみる)の似た表現に、状態や、形や、色が『아/어 보이다(〜にみえる)』があります。

まとめて覚えておきましょう。

形容詞の語幹+아/어 보이다

形容詞の語幹+

아/어 보이다(〜にみえる)

接続の解説

  • <語幹が陽性母音>아 보이다
  • <語幹が陰性母音>어 보이다
  • <하다>해 보이다

基本的な理解

  • 主に形容詞に接続します。
  • 過去形、未来形には接続しません。

語尾の活用

  • <ヘヨ体>아/어 보여요
  • <パンマル>아/어 보여

例文で理解を深めよう

이 바지를 입으면 다리가 길어 보여요.

このズボンをはくと足が長く見えます。

 

나이보다 젊어 보여요.

年齢よりも若く見えます。

 

여기서부터 보면 작아 보이지만 실제는 커.

ここから見ると小さく見えるけど実際は大きいよ。

 

기분이 나빠 보이지만 괜찮아?

気分が悪そうに見えるけど大丈夫?