韓国語

<重要>韓国語文型【아/어야 되다/하다】(〜なければならない)を覚えよう!

この記事では下記の文型を勉強します。

接続:아/어パターン>>>用言の文型への接続パターン4つを覚えよう!

아/어야 되다/하다(〜なければならない)

「아/어야 되다/하다(〜なければならない)」は例えば、

昼までに起きて準備しなければいけません

勝つためにはもっと努力しないといけないよ

もっと量が多くないといけないよ

このように『~しなければいけない、~でなければいけない』と、義務や必要事項を表現するときに使います。

よく使う文型なのでサクッと覚えておきましょう!

韓国語文型【아/어야 되다/하다】の使い方

用言の語幹+아/어야 되다/하다

用言の語幹+

아/어야 되다/하다(〜なければならない)

接続の解説

  • <語幹が陽性母音>아야 되다/하다
  • <語幹が陰性母音>어야 되다/하다
  • <하다>해야 되다/하다

基本的な理解

  • 用言に接続します。
  • 過去形、未来形には接続しません。

語尾の活用

  • <ヘヨ体>아/어야 돼요/해요
  • <パンマル>아/어야 돼/해

例文で理解を深めよう

☆『아/어야 되다』と『아/어야 하다』はどちらを使ってもOKです。

성장하기 위해 많이 먹어야 돼요.

成長するためにたくさん食べないといけません。

 

내일 학교에 가야 돼요.

明日学校に行かないといけません。

 

빨리 여행 준비해야 돼.

早く旅行の準備をしないといけない。

 

자기 전에 약을 먹어야 해.

寝る前に薬を飲まないと。

 

5시 버스에 꼭 타야 돼.

5時のバスに必ず乗らないといけないよ。

 

여기에 있어야 되거든.

ここにいないといけないんだ。