文法

<重要>韓国語文型【아/어 주다】(〜してあげる)を覚えよう!

みなさんこんにちは!韓国語の文法を独学で勉強したひよこです!

この記事では下記の文型を勉強します。

接続:아/어パターン>>>用言の文型への接続パターン4つを覚えよう!

아/어 주다(~してあげる)

「아/어 주다(~してあげる)」は例えば、

右も左も分からない新人に色々と丁寧に教えてあげたんですよ

何かおいしい物買ってきてあげる

友達の代わりに私が犠牲になってあげたのさ

このように誰かに何かをしてあげたときに使う表現です。

『주다』はもともと『(物を)あげる』という意味です。

それが『아/어活用』とセットになって『~してあげる』という意味に変わっています。

また、ニュアンス的には、

そこに居てください

何かおいしい料理作って~

こっちまで走ってきて~

このように、(~して下さい/~して)という訳にもなります。

自分のために『~してあげて』というニュアンスであれば、

⇒つまりは『~して欲しい』となります。

ヘヨ体でもパンマルでも、日常の中でよく使う文型なのでサクッと覚えておきましょう!

韓国語文型【아/어 주다】の使い方

動詞の語幹+아/어 주다

動詞の語幹+

아/어 주다(〜してあげる)

接続の解説

  • <語幹が陽性母音>아 주다
  • <語幹が陰性母音>어 주다
  • <하다>해 주다

基本的な理解

  • 動詞に接続します。(『~してあげる』なので。)
  • 疑問文でも使えます。

語尾の活用

  • <ヘヨ体>아/어 줘요(~してあげますor~して下さい)
  • <パンマル>아/어 줘(~してあげるよor~して)
  • ※他の文型と接続することもけっこう多いです

例文で理解を深めよう

제가 대신에 해줄게요.

私が代わりにしてあげますね。

ㄹ(을)게と接続しています。

 

오늘은 푹 쉬어 주세요.

今日はゆっくり休んで下さい。

세요と接続しています。

 

먼저 가 줘.

先に行って。

 

나중에 카톡 보내 줘~

後でカトク送ってね~

 

좀 불 켜 줘.

ちょっと電気つけて。

 

교과서 좀 빌려 줘!

教科書ちょっと貸して!

 

힘든 것 같았으니까 내가 도와 줬어.

大変そうだったから私が手伝ってあげたんだ。

 

좀더 쉽게 가르쳐 줘요.

もう少し簡単に教えてください。

 

거기서 기다려 줘.

そこで待ってて。