文法

<重要>韓国語文型【고】(~して)を覚えよう!

みなさんこんにちは!韓国語の文型を本で勉強したひよこです!

この記事では下記の文型を勉強します。

接続:語幹パターン>>>用言の文型への接続パターン4つを覚えよう!

고(~して)

接続は語幹パターンなので、語幹にこちらの文型をくっつけてあげるだけでOKです。※指定詞(이다)は直前の名詞にパッチムが無い場合、省略されます。(⇒名詞のすぐ後ろに【고】を付けます。)

(~して)は動詞と接続したときの訳語ですね。形容詞や存在詞や指定詞と接続するときは(~て)や(~で)と訳せばOKです。

「고(~して)」は例えば下記のように使われます。

歯を磨い、ご飯を食べる。〈動詞〉

可愛く、性格もいい。〈形容詞〉

今家に誰も居なくて、静かです。〈存在詞「없다」〉

それは絵、こっちは写真。〈指定詞「이다」〉

大半は文末ではなく、文中で使われます。

あらゆる文で使うことができる便利な文型なので、サクッと覚えておきましょう!

韓国語文型【고】の使い方

用言の語幹+고

用言の語幹+고(~して)、(~て/で)

※指定詞(이다)は直前の名詞にパッチムが無い場合、省略されます。(⇒名詞のすぐ後ろに【고】を付けます。

基本的な理解

  • 用言(動詞、形容詞、存在詞、指定詞)すべてに接続します。
  • 過去形と未来形にも接続します。
  • 否定文、疑問文でも使うことができます。

語尾の活用

  • 文中で使われることが多いですが、文末に置き(~して)、(~で)と言い切りの形にすることも可能です。そのようなときはヘヨ体なら「고요.」、パンマルなら「고.」とします。

類似表現「고 나서」も知っておこう

類似表現に「고 나서」があります。

動詞現在形の語幹+고 나서…(~してから…する)

ある行為をした後で、次に行う行為を言うときに使います。ただ、「고」だけで言うことの方が多いです。(~して…する)と(~してから…する)はあまり意味が変わらないので。

일어나고 나서 갈게.(起きてから行くね。)

졸업하고 나서 성격이 변했어.(卒業してから性格が変わった。)

例文で理解を深めよう

「고」を使った例文一覧です。

접수에서 인사하고 들어오세요.

受付で挨拶をして入ってきてください。

 

잘생기고 키도 커요.

かっこよくて背も高いです。

 

이건 과일이고 그건 야채예요.

これは果物でそれは野菜です。

 

이건 문제아니고 그게 문제야.

これは問題ではなくてそれが問題だよ。

 

안 보고 바로 와.

見ないですぐ来て。

 

이렇게 많이 먹고 괜찮아요?

こんなにたくさん食べて大丈夫ですか?

 

돈도 있고 집도 있고요.

お金もあって家もあって。(ヘヨ体)

 

뭔가 있었어? 달리고 오고.

何かあった?走ってきて。