文法

<重要>韓国語文型【게】(~するように)を覚えよう!

みなさんこんにちは!韓国語の文型を本で勉強したひよこです!

この記事では下記の文型を勉強します。

接続:語幹パターン>>>用言の文型への接続パターン4つを覚えよう!

게(~するように)

接続は語幹パターンなので、語幹にこちらの文型をくっつけてあげるだけでOKです。

「게(~するように)」は主に動詞や形容詞の語幹につき、下記のように後ろの文を修飾するときに使われます。

聞こえるよう話してください。

可愛く撮ってください。

美味しく召し上がれ。

形容詞と接続する時は(~く)や(~に)となります。

「게」には他の用法(意味)もありますが、それらは日常会話の中ではほぼ使われないので、ここでは紹介していません。

日常会話の中でたくさん使われる、(~するように)をサクッと覚えておきましょう。

韓国語文型【게】の使い方

動詞、形容詞の語幹+게

動詞、形容詞の語幹+게(~するように、~く、~に)

基本的な理解

  • 動詞、形容詞の現在形に接続します。
  • 否定文、疑問文でも使うことができます。

語尾の活用

  • 語尾の活用はありません。

例文で理解を深めよう

들리게 말해주세요.

聞こえるように言ってください。

 

그렇게 나쁘게 생각하지 말자.

そのように悪く考えないようにしよう。

 

예쁘게 입었네.

きれいに着たね。

 

좀더 편하게 생각해.

もう少し楽に考えて。

注意!「것이(ことが)」の省略形も「게」です

「것(こと)이(が)」の省略形は「게」です。

この意味で使われるときは、「것」を修飾する連体形が「게」の前に必ず来ます。

混同しないようにしましょう。

뭔가 알고 싶은 게 있어요?(何か知りたいことがありますか?)

뭔가 맛있는 게 있어?(何かおいしいものある?)

「게」を使った文型が4つあります

これから紹介する4つの文型は頭の片隅に入れておく程度でOKです。日常会話ではあまり使いませんし、仮に出てきたとしても「게」を覚えていたらニュアンスがだいたい分かります。

게 되다(~になる)

動詞、形容詞、存在詞の語幹+게 되다(~になる)

※全て現在形

自分の意志ではないけど何かをすることになったときや、ある状況から他の状況に変化したときなどに使います。

역에서 만나게 됐어요.(駅で会うことになりました。)

미안하게 됐어.(申し訳なくなった。)

그렇게 됐어요.(そのようになりました。)

게 만들다(~するように仕向ける)

動詞現在形の語幹+게 만들다(~するように仕向ける)

人や物に対して行為や動作をするように仕向けることをいうときに使います。

놀라게 만들거야.(驚かせてやるつもりだよ。)

어머니가 날 공부하게 만들었어요.(お母さんが私を勉強させるようにしました。)

게 하다(~させる)

動詞現在形の語幹+게 하다(~させる)

人や物に対して行為や動作をさせるときに使います。

맛있는 거 먹게 해줘.(美味しいもの食べさせて。)

게 생겼다(~の形をしている)

形容詞現在形の語幹+게 생겼다(~の形をしている)

人や物の見た目や形や状態に対して、形容詞で表現するときに使います。

어떻게 생긴?(どんな見た目をしてる?)

「게 생겼다」は(~することになった)という意味で動詞とセットで使われることもありますが、動詞の場合はこれだけ知っておくといいです。

⇒혼나게 생겼어요. (怒られるはめになりました。)