文法

<重要>韓国語文型【거든요】(~なんですよ)を覚えよう!

みなさんこんにちは!韓国語の文型を本で勉強したひよこです!

この記事では下記の文型を勉強します。

接続:語幹パターン>>>用言の文型への接続パターン4つを覚えよう!

거든요(~なんですよ)

接続は語幹パターンなので、語幹にこちらの文型をくっつけてあげるだけでOKです。※指定詞(이다)は直前の名詞にパッチムが無い場合、省略されます。(⇒名詞のすぐ後ろに【거든요】を付けます。)

「거든요(~なんですよ)」は例えば下記のとき使われます。

いらないです。持っているんですよ。〈動詞〉

なぜならば、とても美味しいからなんですよ。〈形容詞〉

明日は何も予定が無いんですよ。だから暇です。〈存在詞「없다」〉

似てないけど、それ実は自分の似顔なんですよ。〈指定詞「이다」〉

このように普通、理由を示す時に使われます。

日常生活の中でよく使われる文型なので、サクッと覚えておきましょう!

韓国語文型【거든요】の使い方

用言の語幹+거든요

用言の語幹+거든요(~なんですよ)

※指定詞(이다)は直前の名詞にパッチムが無い場合、省略されます。(⇒名詞のすぐ後ろに【거든요】を付けます。

基本的な理解

  • 用言(動詞、形容詞、存在詞、指定詞)すべてに接続します。
  • 過去形と未来形にも接続します。
  • 否定文でも使うことができます。
  • 疑問文では使いません。

語尾の活用

  • <ヘヨ体>거든요(~なんですよ)
  • <パンマル>거든(~なんだよ)

「거든요」を使ってキツイ表現もできます

「거든요」は使い方によってはキツイ言い方になります。

例えば日本語で、

A「なんでまだ片付けていないの?」

B「今忙しいんだよ!

このように、何かを聞かれたり、指摘されたりなどしたときに、「~なんだよ!(~なんですよ!)」と強調して理由を話すときがありますよね。

「거든요」を使ってそのようなキツイ言い方もできます。

覚えておきましょう。

例文で理解を深めよう

더이상 안 먹을래. 배부르거든.

これ以上食べないや。お腹いっぱいだよ。

 

필요없어요. 같은것 갖고 있거든요.

必要ありません。同じものを持っているんですよ。

 

지금 바쁘거든요. 나중에 해요.

今忙しいんですよ。後でしましょう。

 

안 샀어. 비쌌거든.

買わなかった。高かったんだよ。

 

내가 좋아하는 맛은 매운 맛이거든요.

私が好きな味は辛い味なんですよ。

 

아니거든!

これ君がした?に対して、「違うよ!」<キツイ言い方>

 

지금 먹고 있거든!

早く行こうよ!に対して、「今食べているんだよ!」<キツイ言い方>

 

손대지마! 그것 내꺼든!

触らないで!それ私のだよ!<キツイ言い方>