文法

<重要>韓国語文型【거나】(~したり)を覚えよう!

みなさんこんにちは!韓国語の文型を本で勉強したひよこです!

この記事では下記の文型を勉強します。

接続:語幹パターン>>>用言の文型への接続パターン4つを覚えよう!

거나(~したり)

接続は語幹パターンなので、語幹にこちらの文型をくっつけてあげるだけでOKです。※指定詞(이다)は直前の名詞にパッチムが無い場合、省略されます。(⇒名詞のすぐ後ろに【거나】を付けます。)

(~したり)は動詞と接続したときの訳語ですね。

形容詞や存在詞や指定詞とも接続しますが、その際は用法(意味)が変わります。(使用上の注意点を参照)

「거나(~したり)」は例えば下記のとき使われます。

休日はランチしたり、映画を見ます。

散歩に行ったり、料理をします。

歌を聞いたり、絵を描きます。

↑のように2つの行為を並べて使います。

けっこう使える文型なので、サクッと覚えておきましょう!

韓国語文型【거나】の使い方

動詞の語幹+거나

動詞の語幹+거나(~したり)

基本的な理解

  • この用法では動詞に接続します。
  • 過去形にも接続します。
  • 未来形「겠」には接続できません。
  • 否定文、疑問文では普通使いません。

語尾の活用

  • 文中で使われるので、語尾の活用はありません。

使用上の注意点<形容詞や存在詞や指定詞と接続する場合>

動詞を含めて、形容詞や存在詞や指定詞と接続するときは、用法(意味)が変わるので気を付けましょう。

用言の語幹+거나(~だろうが~だろうが)

가거나 말거나 신경 꺼.(行こうが行かまいが気にしないで。)

빠르거나 늦거나 괜찮아요.(早かろうが遅かろうが大丈夫です。)

시간이 있거나 없거나 해주세요.(時間があろうとなかろうとしてください。)

책이거나 넷이거나 알아봐 와주세요.(本だろうがネットだろうが調べて来て下さい。)

例文で理解を深めよう

動詞と接続(~したり)の用法で接続したときの例文一覧です。

토요일은 산책하거나 게임해요.

土曜日は散歩したりゲーム(したり)します。

 

음악을 듣거나 불러요.

音楽を聴いたり歌います。(歌ったりします。)

 

집에서는 자거나 먹거나 해요.

家で寝たり食べたりします。

 

식사했거나 영화봤어.

食事したり映画見た(りした)。

 

어제는 운동했거나 공부했거나 했어요.

昨日は運動したり勉強したりしました。