文法

<重要>韓国語文型【ㄹ(을)때】(~する時)を覚えよう!

みなさんこんにちは!韓国語の文法を独学で勉強したひよこです!

この記事では下記の文型を勉強します。

接続:으パターン>>>用言の文型への接続パターン4つを覚えよう!

ㄹ(을)때(~する時)

「ㄹ(을)때(~する時)」は例えば、

本を読む時は明るい場所でね。

勉強をする時は集中してしましょう。

昨日遊んだ時に話したじゃん。

このように、何かする時を表現する際に使います。

日常会話の中でよく使う文型なのでサクッと覚えておきましょう!

韓国語文型【ㄹ(을)때】の使い方

用言の語幹+ㄹ(을)때

用言の語幹+ㄹ(을)때(~する時)

接続の解説

  • <パッチムなし>ㄹ때
  • <パッチムがㄹ>ㄹを脱落させて、ㄹ때を付ける。
  • <パッチムあり>을때

基本的な理解

  • 用言(動詞、形容詞、存在詞、指定詞)に接続します。
  • 過去形にも接続できます。
  • 未来形には接続しません。
  • 否定文、疑問文でも使えます。

語尾の活用

  • なし

例文で理解を深めよう

운전할때는 전화하면 안 돼요.

運転する時は電話をしたらだめです。

 

학교에 갈때 이야기하자.

学校に行くとき話しよ。

 

식사할때는 라인하지 마.

食事するときはラインしないで。

 

나도 예뻤을때는 인기가 있었지.

私も綺麗だったときは人気があったよ。

 

내가 집에 없었을때 누군가 왔나봐.

私が家に居なかったとき誰か来たみたい。

 

내가 잤을때 뭔가 있었어요?

私が寝ていた時何かありましたか?