単語

韓国語単語【こそあど言葉】まとめ!これだけ覚えればOK!

この記事では韓国語単語【こそあど言葉】をまとめています。

こそあど言葉は日常会話の中で、頻繁に使われます。

ぜひ韓国語勉強の参考にどうぞ★

こそあどの【こ】

この

「이(この)」の後に名詞を付けると、「この~」と言うことができます。

例:이 책(この本)

이것

これ

「ㅅ」を除いて「이거」とすることも多いです。

→助詞とセットで使う時「ㅅ」が除かれるとこう表記されます

이것은(これは)⇒이건 

이것이(これが)⇒이게  

이것을(これを)⇒이걸 

이것으로(これに)⇒이걸로   

이런

このような

여기

ここ

이쪽

こちら

 



こそあどの【そ】

「그(その)」の後に名詞を付けると、「その~」と言うことができます。

例:그 책(その本)

그것

それ

「ㅅ」を除いて「그거」とすることも多いです。

→助詞とセットで使う時「ㅅ」が除かれると、こう表記されます

그것은(それは)⇒그건

그것이(それが)⇒그게 

그것을(それを)⇒그걸 

그것으로(それに)⇒그걸로

그런

そのような

거기

そこ

그쪽

そちら

 



こそあどの【あ】

「저(あの)」の後に名詞を付けると、「あの~」と言うことができます。

例:저 책(あの本)

저것

あれ

「ㅅ」を除いて「저거」とすることも多いです。

→助詞とセットで使う時「ㅅ」が除かれると、こう表記されます

저것은(あれは)⇒저건

저것이(あれが)⇒저게 

저것을(あれを)⇒저걸 

저것으로(あれに)⇒저걸로

저런

あのような

저기

あそこ

저쪽

あちら

 

こそあどの【ど】

어느

「어느(どの)」の後に名詞を付けると、「どの~」と言うことができます。

例:어느 책(どの本)

어느 것

どれ

「ㅅ」を除いて「어느 거」とすることも多いです。

→助詞とセットで使う時「ㅅ」が除かれると、こう表記されます

어느 것은(どれは)⇒어느 건

어느 것이(どれが)⇒어느 게 

어느 것을(どれを)⇒어느 걸 

어느 것으로(どれに)⇒어느 걸로

어떤

どんな

어디

どこ

어느 쪽

どちら

 



助数詞(~個や、~匹や、~本など、物を数える単位のこと)まとめはこちらをどうぞ!↓

韓国語単語【助数詞まとめ】←日常会話でよく使います!固有数詞とセットで ※固有数詞とは「(하나、둘、셋...)ひとつ、ふたつ、みっつ...」詳しくは、下記の記事をどうぞ。 ht...

 

(^^)/ランキング参加中です(^^)/

応援お願いします★

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村