韓国語

韓国語の【疑問形】を覚えよう!基本は肯定文に「?」を付ければ完成です。

この記事では、韓国語の【疑問形】について勉強していきます。※作り方だけ知りたいひとは、この後のリード文は読まなくてもOKです。

下記の流れで説明していきます。

肯定文を疑問文にする方法

疑問文の発音の仕方

韓国語の疑問詞を12個

タイトルにも書いた通り、基本的に韓国語の疑問形は、肯定文の文末に「?」をつけてあげるだけで完成します。

日本語の場合は、「?」をつけるだけでは疑問文は完成しないので、日本語よりも簡単ですね。日本語の場合⇒<ご飯を食べました。→ご飯を食べました「か?」

また、肯定文を疑問文に変える他にも、疑問詞を使って疑問文を作ることもできます。

疑問詞とは例えば・・・いつ、どこで、だれが、なにを…etcなどの疑問文で使われる単語です。英語では5W1Hが有名です。

韓国語の疑問詞をここでは12個勉強して、だいたい覚えましょう。

12個と個数は多いですが、難しくないのでサクッと行ける範囲で丸暗記しておきましょう。

疑問詞は日常会話でとてもよく使います。

ここでの学習のポイントは下記です。

  • 疑問詞を使わない疑問文の作り方と発音を理解する
  • 疑問詞をだいたい覚える

それでは、順番にみていきましょう。

疑問文の作り方【肯定文+「?」】

肯定文+「?」

基本的には肯定文の文末に「?」を加えてあげるだけで、疑問文は完成します。

ヘヨ体でもパンマルでも、過去形でも全て同じです。

例文で理解しましょう。

<動詞・形容詞・存在詞>

肯定文 疑問文
옷을 사요.(服を買います。) 옷을 사요?(服を買いますか?)
이거 맛있어.(これ美味しい。) 이거 맛있어?(これ美味しい?)
학교에 갔어요.(学校へ行きました。) 학교에 갔어요?(学校へ行きましたか?)
책이 있어요.(本があります。) 책이 있어요?(本がありますか?)

 

<指定詞>

肯定文 疑問文
일본사람이에요.(日本人です。) 일본사람이에요?(日本人ですか?)
친구야.(友達だよ。) 친구야?(友達なの?)
오늘이 아니었어.(今日ではなかった。) 오늘이 아니었어?(今日ではなかった?)

 

これらの例文からも分かるように、肯定文に「?」を付けてあげるだけで疑問文になります。

書いたり読んだりする際は「?」があるかないかで疑問文かどうかが分かりますが、話したり聞いたりする際には「?」以外の何か他の区別が無いと肯定文なのか疑問文なのか分かりませんよね。

その、話したり聞いたりする際の肯定文と疑問文を区別する方法が、次の項目で説明する発音です。

肯定文と疑問文

書く、読む⇒「?」で区別

話す、聞く⇒「発音」で区別

疑問文の発音の仕方【語尾を上げて発音する】

疑問文の発音

→語尾を上げて発音する

ただただ語尾を上げて発音すればOKです。

日本語の疑問文も語尾を上げて発音しますよね。

「明日予定ある?(↗)」

それと全く同じ感覚です。

「내일 예정 있어?(↗)」(明日予定ある?)

しっかり意識して発音すればそれでOKです。

疑問ではないですが、名詞の後ろに「?」をつけてあげたり、語尾を上げて発音することで名詞を質問することもできます。(日本語と同じですね)

고양이?(↗) 猫?(↗)

韓国語の【疑問詞12個】

肯定文に「?」をつけたり、「語尾を上げ」たりして、疑問文を作る方法以外にも、疑問詞を使って作ることもできます。

ここでは疑問詞を12個をまとめました。

表とそれぞれの例文を載せています。勉強の参考にしてください。

疑問詞 意味
누구 だれ
언제 いつ
어디  どこ
무엇〈뭐〉
무슨 何の
어떤 どんな
어떻게 どのように
왜、어째서 なんで
몇~ 何~
어느 どの
얼마 いくら
얼마나 どれくらい

 

①누구(だれ) 

누구예요?

誰ですか?

 

누구세요?

どなた様ですか?

主に電話での受け応えや訪問客に対して使います。決まり文句ですね。

 

누구 컴퓨터야?

誰のパソコン?

助詞「의(の)」は入れなくてOKです。

 

누가 말했어?

誰が言った?

「誰が」ですが「누구가」とは言いません。「누가」が正しいです。

②언제(いつ)

언제 가요?

いつ行きますか?

 

언제예요?

いつですか?

 

언제 ~이/가 있어요?

いつ~がありますか?

~には名詞が入ります。

③어디(どこ)  

어디예요?

どこですか?

 

어디가 좋아?

(主に場所)どこが良い?

 

어디 가?

どこに行くの?

話し言葉では「どこに」の「に(에)」が省かれることが多いです。

 

~이/가 어디 있어요? 

~はどこにありますか。

日本語では「~は」ですが「~이/가」を使います。

↑のように疑問詞を使った文章では、日本語で「~は」のときでも、이/가」が使われることが多いです。

 

어디서 봤어요?

どこで見ましたか?

「どこで」は「어디에서」ではなく「어디서」と書きます。

④무엇〈뭐〉(何) 

〈뭐〉は、무엇の短縮形です。

 

이것이 무엇이에요?

これが何ですか?

 

뭐라고 해요?

何と言いますか?

言い方や単語を聞いたりするときに使います。

 

뭐예요?

何ですか?

 

뭐야?

何?

⑤무슨(何の)

무슨 요일이야?

何曜日?

 

무슨 게임이에요?

何のゲームですか?

⑥어떤(どんな) 

어떤 음악을 들어요?

どんな音楽を聴きますか?

 

어떤식으로 했어?

どんな風にした?

어떤식으로は、「どんな風に」という意味です。丸ごと覚えておくといいです。

⑦어떻게(どのように) 

어떻게 해요?

どのようにするのですか?

 

어떻게 가?

どうやって行く?

 

어떻게 공부했어요?

どうやって勉強しましたか?

⑧왜、어째서(なんで)

왜がメインで使われ、어째서はほとんど使われません。 

왜?

なんで?

 

왜요?

なぜですか?

 

왜 그러세요?

どうなさったのですか?

尊敬語の、決まり文句ですね。

몇(何~) 

몇は後ろに付ける単語によって色々な疑問詞として使えます。

  • 몇월 며칠(何月)
  • 몇 살(何歳)
  • 몇 시(何時)
  • 몇 개(何個)
  • 몇 시간(何時間)
  • 몇 가지(何種類)
  • 몇 분(何人)

몇 살이야?

何歳?

 

몇 시예요?

何時ですか?

 

몇 개 필요해요?

何個必要ですか?

 

몇 시부터예요?

何時からですか?

 

몇 시간이에요?

何時間ですか?

 

몇 분이에요?

何人ですか?

어느(どの) 

어느 나라에서 왔어요?

どこの国から来ましたか?

얼마(いくら)

이거 얼마예요?

これはいくらですか?

金額を尋ねるときの「いくら」とだけ覚えておけばOKです。

얼마나(どれくらい)

얼마나 걸려?

(時間が)どれくらいかかる?

 

얼마나 먹었어?

(量)どれくらい食べたの?

 

얼마나 기다렸어요?

どれくらい待ちましたか?

 

<参考>何も~ない、誰も~ない

下記のような疑問詞と同じ日本語訳になる単語があります。

  • 아무것도(何も)
  • 아무도(誰も)

この2つは「없다」とセットで使い、それぞれ「何も~ない」、「誰も~ない」と使います。両方とも否定文ですね。

間違えて、무엇도 없다(何も~ない)や누구도 없다(誰も~ない)と使わないように気を付けましょう!間違いです